お知らせ

HCFC(R22冷媒など)の国内生産削減・全廃のお知らせ

オゾン層破壊物質であるHCFC類は2010〜2014年の年間生産枠に対し、以下の通り削減されます。

6割削減(生産枠4割へ) 2015年1月1日から
生産ゼロ化 2020年1月1日から

HCFC生産枠の削減
この削減・全廃は政府間国際協定(モントリオール議定書:1987年)およびオゾン層保護法(1988年制定)に基づくもので、すでにCFC(R12、R502など)の生産は1996年に全廃されています。 なお、国内の冷凍空調機器メーカーはすでにR22対応製品から代替冷媒製品の生産・販売へ移行ずみです。 また経済産業省・環境省は改正フロン法【補記2】に基づくフロン類再生業の準備に着手しています。 (再生量は該当するフロン類の廃棄量などに制約されます。)

【補記1】 モントリオール議定書では、2020年時点で現存する冷凍空調機器への補充用途のHCFCに限り2029年末まで生産を認める特例が存在します。ただし、通商産業省化学品審議会オゾン層保護対策部会中間報告(平成8年3月14日)においては、上記の補充用途も含めて、2020年のHCFC生産・消費量の削減・全廃を目標とすることとされています。
【補記2】 フロン類の使用の合理化および管理の適正化に関する法律(平成25年6月12日公布法律第39号)。
なお、再生されるフロン類はモントリオール議定書の削減・全廃の対象となりませんが、再生量はフロン類の廃棄量と回収率、再生設備などに制約されます。

PDFをダウンロード