フロンラベリング制度について

←JISによるラベリング制度の検討体制

指定製品ごとの段階設定→


・商品選択の際に活用されるものであることから、当該製品が掲載されたカタログ(当該製品の製造業者などのホームページに掲載される電子カタログの他、カタログ通販やインターネット販売で用いる場合も含む)

・また、商品選択時の実態を踏まえ(例えば、噴霧器)、製品自体や梱包材など






注1)GWP値は、100年GWP値をいう

注2)目標値・目標年度とは:
フロン排出抑制法の指定製品は、目標年度および目標値が定められており、フロン類使用製品製造事業者は、その目標年度までにフロン類の地球温暖化係数の加重平均値を目標値以下にしなければならない。