日本冷凍空調工業会

日本冷凍空調工業会

日本冷凍空調工業会は、冷凍・空調機、冷凍・空調機応用製品および冷凍機応用装置ならびにこれらに使用する補器、部品、自動機器および付属品の生産、流通、貿易および消費の増進に関する施策、その他諸施策の充実を図ることにより、冷凍空調機器産業およびその関連産業の健全な発展を図るとともにわが国産業の発展に資し、もって国民生活の向上に貢献することを目的としています。
日本冷凍空調工業会は、各分野の多様なニーズに応えるため、会員会社の専門委員からなる委員会を設け、定期的または必要に応じて会議を開催し、冷凍空調産業の発展に向け、活発な活動を続けています。
日本冷凍空調工業会は、正会員(特別会員含む)と賛助会員で構成されています。
日本冷凍空調工業会の事業は、一般委員会、製品委員会およびそれぞれの下に設置された専門委員会などにより推進されます。
日本冷凍空調工業会は「冷凍・空調・暖房機器」「冷凍・冷蔵・製氷・凍結設備」「関連機器」「関連資材・部品」などを対象に事業活動を行っています。
日本冷凍空調工業会は、1949年に創立された「日本冷凍機製造協会」が前身です。1969年2月に法人化し「社団法人 日本冷凍空調工業会」と改称、さらに2012年4月には一般社団法人に移行し「一般社団法人 日本冷凍空調工業会」となり、現在に至っています。
日本冷凍空調工業会では役員として、会長、理事、専務理事、常務理事(以上で理事会を構成)、監事を置いています。
  • 定款と競争法コンプライアンス指針
定款
日本冷凍空調工業会は、定款に基づいて運営しています。
競争法コンプライアンス指針
日本冷凍空調工業会は会員が安心して活動ができる環境を整えるための指針をさだめています。
日本冷凍空調工業会の事務所は、東京・港区にあります。
事業報告の概要
日本冷凍空調工業会の平成27年度(2015年4月〜2016年3月)の事業報告と収支決算の概要を紹介します。
平成27年度事業報告書・決算報告書
事業計画の概要
日本冷凍空調工業会の平成28年度(2016年4月〜2017年3月)の事業計画と収支予算の概要を紹介します。
平成28年事業計画書・収支予算書