関連製品


業務用エアコン

氷蓄熱パッケージエアコンの性能表示

氷蓄熱パッケージエアコンは通常のエアコンと違い、夜間、冷房のための氷蓄熱運転をし、昼間、蓄熱を利用した冷房運転をする―というように、1日単位で繰り返します。このため冷房能力に関係した用語や定義も氷蓄熱パッケージエアコン独特のものがあります。

温度条件について
  • 通常のエアコンの「冷房能力」に当たるものが「蓄熱利用冷房能力」です。氷蓄熱パッケージエアコンが 次の表の定格冷房温度条件で、「蓄熱を利用して」運転するときの冷房能力です。

    表 温度条件
    表 温度条件

日量COPについて
  • 通常のエアコンの冷房COPに相当するのが「日量蓄熱利用冷房効率」(略称「日量COP」)です。「日量蓄熱利用冷房効率」とは、日量蓄熱利用冷房能力を日量蓄熱利用冷房消費電力量で除した値です。
    日量蓄熱利用冷房効率


  • 氷蓄熱パッケージエアコンでは、氷蓄熱槽の大きさが決まっていますから、「蓄熱利用冷房能力」にも時間の規定が必要です。このため、「日量蓄熱利用冷房能力」が定義されています。これは、氷蓄熱パッケージエアコンが表に規定された定格冷房蓄熱温度条件で最大10時間蓄熱運転した後、定格冷房温度条件で、蓄熱利用冷房時間の間、蓄熱利用冷房運転する間の冷房能力を積算したものをいいます。


  • 同時に「日量蓄熱利用冷房消費電力量」が定義されています。これは、氷蓄熱パッケージエアコンが表の定格冷房蓄熱温度条件で最大10時間運転した間に消費する電力と、定格冷房温度条件で蓄熱利用冷房時間の間、蓄熱利用冷房運転する間に消費する消費電力を積算したものです。