関連製品


業務用エアコン

クリーニングについての注意

エアコン内部の洗浄は高い専門知識が必要です。お客様自身で実施したり、正しい洗浄剤の選定と洗浄方法で行わないと、内部部品の破壊による水漏れや電気部品の故障を引き起こします。

内部洗浄は、お買上げの販売店、メーカーのサービス窓口にご依頼ください

エアコンの内部洗浄は、エアコンを数シーズン使用したあとでも電気のムダなく使っていただくため、必要になることがあります。エアコン内部の洗浄は熱交換器などの汚れを除去する方法が一般的ですが、その洗浄方法や使用する洗浄剤の選定・取り扱い・処理は高い専門知識が必要です。
もし、誤った洗浄剤の選定・使用方法で内部洗浄を行うと、エアコンの内部に残った洗浄剤で樹脂部品の破損、電気部品の絶縁不良が発生し、エアコン自体が運転できない故障となったり、最悪の場合には、発煙・発火につながる恐れがあります。

クリーニングを扱う業者の方への注意
  • 電気部品、ファンモーター、ドレンパン、電気ヒーターなどには“絶対に”洗浄剤がかからないようにすること
  • 洗浄剤は、樹脂剤(プラスチック)を侵さない適正なものを使用すること
  • 樹脂部品に損傷を与えるような高温・高圧スチームでの洗浄を行わないこと
  • 汚れが排水経路に詰まらないよう、十分にすすぎを行うこと