関連製品


全熱交換器

全熱交換器とは

全熱交換器はCO2低減を実現します
室内CO2濃度の低減!
CO2排出量の削減!

換気が不足しCO2濃度が増加すると、集中力が低下したり、眠気が増進したりします。
一般的な市街地で濃度0.04〜0.06%程度といわれています。一般的な建物の場合、建築物衛生法などで許容濃度0.1%で規定されています。
密閉された室内で、換気がされていない場合は、呼吸などでCO2濃度はどんどん上昇します。濃度が一般大気の約50倍にまでなると、呼吸が速くなり、気分が悪くなる人も出てきます。
だから、換気は非常に重要なのです。
空調機(エアコンなど)の負担を低減します。
※ 全熱交換器はこんなところに使われています。
全熱交換器はこんなところに使われています。


パンフレットをe-bookでご覧いただけます。
(e-bookからPDFでダウンロードできます。)
2つのCO2を減らしませんか?