関連製品


JIS改正によるエアコンのカタログ表示について
長年ご使用のエアコンの安全について
一般財団法人 家電製品協会 省エネ家電de温暖化防止
はじめよう、省エネ×創エネ×蓄エネ!スマートライフジャパン推進フォーラム

家庭用エアコン

冷媒HFC(R410AおよびR32)の配管およびフレア加工について

冷媒配管の肉厚
従来(R22)機種と同じですが、R410AおよびR32機種は圧力が高くなりますので、肉厚を確認して使用してください。

※薄肉管(0.7mmなど)は、使用しないでください。


フレアの拡管寸法
フレアツールを使用する場合の出し代は、下記の通り。従来のフレアツールを使用する場合は、必ず調整用ゲージを使用して下記の出し代を確保してください。

※従来のフレアツール使用の場合は、出し代調整用ゲージを使用してください。


フレアナット寸法
拡管寸法にともない呼径1/2、5/8のフレアナット対辺寸法が変わり、トルクレンチが異なります。

フレアナット寸法
 ※( )内はR22用です。
出典:JISB8607:2008「冷媒用フレア及びろう付け管継手」