関連製品


JIS改正によるエアコンのカタログ表示について
長年ご使用のエアコンの安全について
一般財団法人 家電製品協会 省エネ家電de温暖化防止
はじめよう、省エネ×創エネ×蓄エネ!スマートライフジャパン推進フォーラム

家庭用エアコン

省エネルギー法の基準と統一省エネラベルについて

※このコーナーは、JIS C 9612:2005に基づいた説明となっています。

省エネ法基準は、見直されました

省エネルギー評価基準が、以下の表の通り、全て通年エネルギー消費効率(APF)に統一されました。

【ルームエアコンの新目標年度・目標値・区分名】

※寸法規定:室内機の横幅寸法800mm以下かつ高さ295mm以下の機種、寸法フリー:左記以外の機種

※APF:年間を通してエアコンを使用したときに、1年間に必要な冷暖房能力を、1年間でエアコンが消費する電力量(期間消費電力量)で除したもの。この値が大きいほど省エネ性が高いといえます。

※( )内は省エネ法に基づく区分名。

※上記は全て冷暖房兼用タイプになります。冷房専用タイプ・ウインドタイプは省エネ法の対象から除外されました。


カタログの省エネラベル表示について

各社カタログの省エネルギーラベルの変更点は…

(1)目標年度が2010年度と2012年度へ

(2)評価基準が冷暖房平均COPから通年エネルギー消費効率(APF)へ

(3)目標基準値および評価基準の見直しにより、省エネ基準達成率が変動


省エネのための上手な選び方のポイント!

APF算出計算例

地域係数
地域




















冷暖兼用機 1.0 3.1 2.3 1.9 1.6 1.5 1.4 2.0 1.5 0.8 1.3 1.2 1.3 1.2 1.2 1.1 1.1 1.2 1.0 0.8
※平成18年8月18日 経済産業省告示第258号による