関連製品


JIS改正によるエアコンのカタログ表示について
長年ご使用のエアコンの安全について
一般財団法人 家電製品協会 省エネ家電de温暖化防止
はじめよう、省エネ×創エネ×蓄エネ!スマートライフジャパン推進フォーラム

家庭用エアコン

運転音の測定に関する技術的解説

運転音の表示には
(1)任意の位置における音圧を基にした「音圧レベル(騒音レベル)
あるいは、
(2)音源の音響エネルギーを基にした「音響パワーレベル」
が用いられます。
これまで、日本におけるルームエアコンの運転音表示は、JIS C 9612:2005に基づいて、「音圧レベル(騒音レベル)」での表示をしてきましたが、この度JIS C 9612が改正(2013.4.22)され、運転音の表示は「音響パワーレベル」での表示に変更されました。欧米においては、 以前より
エアコンの実用的な運転音の表示として「音響パワーレベル」が使われています。

これからの新しい運転音表示
  • 音響パワーレベル〈sound power level〉とは
    音源が発する音響エネルギーの大きさを基にした量です。
    音響パワーレベルは音源との距離や方向などの位置関係によらず、運転音の大きさによって
    一義的に決まりますので、製品から発生する運転音がより正確に表示されます。


これからの新しい運転音表示

これまでの運転音表示
  • 音圧レベル(騒音レベル)〈sound pressure level〉とは
    これまでの運転音表示音源から発生した音のある1点における音の大きさ(音圧)を基にした量です。
    音圧レベル(騒音レベル)は、
    以前のJIS C 9612:2005で規定された測定点における値です。
    実際は音源から発生する運転音が同じでも、音源との距離や方向などの位置関係によっても変化します。