関連製品


JIS改正によるエアコンのカタログ表示について
長年ご使用のエアコンの安全について
一般財団法人 家電製品協会 省エネ家電de温暖化防止
はじめよう、省エネ×創エネ×蓄エネ!スマートライフジャパン推進フォーラム

家庭用エアコン

シーズン中は…使い方ひとつで電気のムダが省けます

室内温度は適温に
暖めすぎ、冷えすぎにならないように、こまめに室温調節を。例えば暖房時は1℃低め、冷房は1℃高めで、それぞれ約10%の省エネになります。
室内温度は適温に
フィルターの掃除はこまめに
フィルターの掃除はこまめにフィルターの目づまりは、冷暖房効果を弱めます。2週間に1回は、ぜひお掃除を。例えば冷房(暖房)シーズンを通じてフィルター掃除をせずにゴミやホコリなどがつまると、電気が約5〜10%のムダ使いになります。
窓にカーテン・ブラインドを
窓にカーテン・ブラインドを冬の日中は日光を入れ、夜間はカーテン・ブラインドで熱の漏れを防ぎましょう。特に夏の場合は直射日光を防ぐと、5%の省エネになります。
タイマーを有効に
タイマーを有効にエアコンの消費電力量は、暖房時は深夜、冷房時は日中が特に多くなります。タイマーを活用して必要な時間だけ運転しましょう。例えば冬であれば、就寝時に運転を停止して、起床の1時間前に運転を行えば、一晩中運転する場合に比べ、省エネです。
室外機のまわりをふさがずに
室外機のまわりをふさがずに室外機の吹出口に物を置いてふさぐと、暖冷房効果を弱め電気のムダになります。
風向・風量調節を上手に
風向・風量調節を上手に風向板は暖房で下向き、冷房は水平にするのが効果的です。また省エネのためには風量は常に「微風」で動かすよりも運転状態に合わせて最も適切な風量の設定ができる「風量自動モード」がおすすめです。

※記載されている数値は使用環境や機種によって異なりますので、ひとつの目安とお考えください。