関連製品


空調設備用機器

空気調和器(エアハンドリングユニット・ファンコイルユニット)定期的な保守点検のおすすめ

空気調和器(エアハンドリングユニット・ファンコイルユニット)を快適に長く安心してお使いいただくために、定期的な点検と部品の交換が不可欠です。保守・点検が不十分ですと、正常機能が損なわれます。また、予期せぬ事故をまねく恐れがあります。

空気調和器(エアハンドリングユニット・ファンコイルユニット)の故障の発生を出来るだけ防止し、長期間お使いいただくために「保守・点検ガイドライン」をまとめ、A4判12ページのパンフレットとして発行しました。ご活用ください。

このガイドラインは、一般的な使用条件下で、必要な“保守・点検の内容と周期”の標準的な指標をまとめたものです。なお、具体的な保守・点検内容に関しては、メーカーや対象機器により異なりますので、それぞれのメーカーが発行している技術資料および各種の説明書をご参照ください。。

パンフレットの内容
空気調和器(エアハンドリングユニット・ファンコイルユニット)を長く安心してお使いいただくために

 耐用年数の定義について

 耐用年数の目安について

 耐用年数の構成要素

 保守・点検の有効性について

  • ランニングコストの低減
  • 耐用年数の延長
  • 故障の予防
  • 快適性の維持
  • 安全性の確保

 定期的な保守・点検の実施効果

 保守・点検のおすすめ

 表1 空気調和機の主な部品の保守・点検ガイドライン

 表2 ファンコイルユニットの主な部品の保守・点検ガイドライン

 保守・点検ガイドライン(表1〜表2)における予防保全の内容及び用語の意味について


印刷はこちらから