関連製品


空調設備用機器

熱源機器チリングユニットの保守・点検について

定期的な保守・点検のおすすめ
熱源機器チリングユニットは施工・保全が容易と見られていますが、定期的な点検と部品の交換などが不可欠です。さらに定期的な保守・点検により、消費電力の増加を抑えることにもなります。

故障の発生をできるだけ未然に防止し、少しでも長く・快適にご使用いただけるよう、保守・保全のガイドラインをまとめ、パンフレットにしました。ご活用ください。

このガイドラインは、熱源機器チリングユニットを対象として、必要な“保守・点検の内容と周期”の標準的な指標をまとめたものです。
なお、具体的な保守・点検内容に関しては、メーカーや対象機器により異なる場合がありますので、それぞれのメーカーが発行している技術資料および各種の説明書をご参照ください。

  • パンフレットの内容

定期的な保守・点検のおすすめ  保守点検の有効性について

 表1 空冷及び水冷チリングユニットの主な部品の保守・点検ライン

 保守・点検ガイドラインについて

 耐用年数の定義について

 表2 耐用年数の各種定義

パンフレットをe-bookでご覧いただけます。
(e-bookからPDFでダウンロードできます。)

関連パンフレット/チリングユニットに用いられるプレート式熱交換器の取り扱いについて

パンフレットの内容
チリングユニットに用いられるプレート式熱交換器の取り扱いについて 設備設計にあたって
 試運転にあたって

 日常保守管理について

 プレート式熱交換器のメンテナンス


パンフレットをe-bookでご覧いただけます。
(e-bookからPDFでダウンロードできます。)