Research Projects

平成23年から当工業会及び関係団体で検討を進めている、可燃性を有する冷媒を使用した冷凍空調機器のリスク評価及び安全基準等の策定に関する活動を、次の通りまとめました。

1.弱い燃焼性を有する冷媒の安全利用に関するリスクアセスメントプロジェクト概要

1.1.A2L冷媒使用機器のリスク評価

A2L冷媒リスク評価結果を簡単にまとめた文書は、下記からダウンロード可能。

1.2.製品別のリスク等検討結果

各製品での検討結果を最終報告書としてまとめ、順次公開していく。

@微燃性冷媒を使用したチラーのリスク評価報告書

A微燃性冷媒を使用したビル用マルチエアコンのリスク評価報告書
本文
〈付録〉
A1.各FTAと割付表
A2.支配的シナリオ数値表
A3.室内リスク抽出表
A4.冷媒ボンベ保管状況調査
A5.国際規格ISO5149改訂提案
A6.微燃性冷媒リスク評価研究会の最終報告書からの変更

B微燃性冷媒を使用したスプリットエアコン(店舗用パッケージ)のリスク評価報告書
本文
FTA

C微燃性冷媒を使用した低温機器のリスク評価報告書
本文
FTA(ショーケース)
FTA(チリングユニット)

D微燃性冷媒を使用したGHPのリスク評価報告書
本文
FTA

※記載内容について個別の質問には回答できません。

1.3.A2L冷媒使用機器の安全基準・ガイドライン

リスク評価結果を踏まえ、A2L冷媒使用機器の安全基準及びガイドラインを作成した(図6)。

図6− A2L冷媒使用機器安全基準・ガイドライン一覧

番号規格番号名称対象機種適用範囲
1JRA GL-20特定不活性ガスを使用した冷媒設備の冷媒ガスが漏えいしたときの燃焼を防止するための適切な措置特定不活性ガス使用
冷凍設備
5〜20トン
2JRA 4068冷凍空調機器に関する冷媒漏えい検知警報器要求事項定置式検知警報器
3JRA GL-15微燃性(A2L)冷媒を使用したチラーの冷媒漏えい時の安全確保のための施設ガイドラインチラー7.5 kW〜
4JRA 4070微燃性(A2L)冷媒を使用した業務用エアコンの冷媒漏えい時の安全機能要求事項ビル用マルチ
店舗PAC
3〜20トン
5JRA GL-16微燃性(A2L)冷媒を使用した業務用エアコンの冷媒漏えい時の安全確保のための施設ガイドラインビル用マルチ
店舗PAC
3〜20トン
6JRA 4072微燃性(A2L)冷媒を使用した低温機器の冷媒漏えい時の安全機能要求事項低温機器3〜20トン
7JRA GL-18微燃性(A2L)冷媒を使用した低温機器の冷媒漏えい時の安全確保のための施設ガイドライン低温機器3〜20トン
8JRA 4073微燃性(A2L)冷媒を使用した設備用エアコンの冷媒漏えい時の安全機能要求事項 設備用PAC〜20トン
9JRA GL-19微燃性(A2L)冷媒を使用した設備用エアコンの冷媒漏えい時の安全確保のための施設ガイドライン設備用PAC〜20トン
一般社団法人 日本冷凍空調工業会

高圧ガス保安法 一般高圧ガス保安規則及び冷凍保安規則の改正概要、及びA2L冷媒使用機器の安全基準及びガイドラインの概要説明資料を以下に公開する。

  1. 高圧ガス保安法改正の概要(一般則など
  2. 冷凍保安規則改正の概要とこれに対応する日冷工ガイドライン及び規格(JRA GL-20
  3. 微燃性冷媒を使用した冷凍空調機に関する冷媒漏えい検知警報器の規格(JRA 4068
  4. 微燃性冷媒を使用した業務用エアコンの安全ガイドライン及び規格(JRA 4070, JRA GL-16
  5. 微燃性冷媒を使用した設備用エアコンの安全ガイドライン及び規格(JRA 4073, JRA GL-19
  6. 微燃性冷媒を使用したチラーの安全ガイドライン及び規格(JRA GL-15
  7. 微燃性冷媒を使用した低温機器の安全ガイドライン及び規格(JRA 4072,JRA GL-18

1.4.微燃性冷媒リスク評価研究会 報告書

微燃性冷媒リスク評価研究会での検討結果を最終報告書としてまとめて、公益社団法人日本冷凍空調学会ホームページで公開している。

jsrae

1.5.微燃性冷媒リスク評価及び安全基準検討関係者

これまで進めてきた微燃性冷媒リスク評価及び安全基準検討活動については、その活動が認められいくつかの賞を受賞した。この活動にかかわった組織及び委員リストを以下に公開する。

委員リスト

【受賞歴】
第19回オゾン層保護・地球温暖化防止大賞 経済産業大臣賞
日本冷凍空調学会 平成28年度学術賞
日本冷凍空調工業会 平成28年度特別表彰

2.強い燃焼性を有する冷媒の安全利用に関するリスクアセスメントプロジェクト概要

IEC60335シリーズ(家庭用及び類似用途の電気機器の安全性基準)の内、エアコン(IEC60335-2-40)や業務用低温機器(IEC60335-2-89)では、可燃性冷媒を使用する場合の規定が既に存在しているが、現在緩和の方向で議論が進められている。こうした中、家庭用エアコン及び内蔵ショーケースについては、A2L冷媒と同様の手法でA3冷媒のリスク評価と安全対策検討を行う方向とし、平成28年度に2つのリスク評価検討組織を設置して、議論を進めている。

検討結果は、取りまとめの上公開する予定。

追記:2018年12月6日(木)〜7日(金)、神戸シンポにて検討状況を発表予定