統計

統計

氷蓄熱空調システムの国内出荷台数の推移

会計年度ベース
(単位:台、蓄熱容量:1000kWh)
  氷蓄熱ユニット 氷蓄熱槽
台数 蓄熱容量 台数 蓄熱容量
1986
1987
1988
1989
1990
1991
1992
1993
1994
1995
1996 164 306.8 95 102.3
1997 211 430.6 172 138.4
1998 198 364.5 163 257.9
1999 226 492.7 216 348.1
2000 221 467.1 190 591.9
2001 230 462.7 157 485.3
2002 172 339.1 145 464.5
2003 165 398.3 165 890.3
2004 105 177.6 127 553.9
2005 82 159.7 193 592.5
2006 63 93.6 133 438.5
2007 79 123.7 147 562.8
2008 39 66.8 51 321.1
2009 37 56.3 61 248.2
2010 23 31.8 50 271.9
2011 17 24.2 30 123.9
2012 74 24.4 97 217.8
2013 69 26.4 63 40.8
2014 12 9.2 17 78.0
2015 35 6.9
[注]
  1. 1)

    氷蓄熱ユニットは、チリングユニット等の熱源機と蓄熱槽をセットにしたもので、熱源機はチリングユニット等の内数です。

  2. 2)

    氷蓄熱槽は、蓄熱槽単体で出荷されるものです。

  3. 3)

    kWhは蓄熱容量を示したもので、1,000kWh=860Mcalとなります。