HVAC&R JAPAN 2018 開催概要発表会を開催(今回会場は幕張メッセ)

No.649 2017年2月

開催概要発表 

 当工業会は、2017年2月7日、「HVAC&R JAPAN 2018 冷凍・空調・暖房展」の開催概要発表会を機械振興会館 B2階「ホール」(東京都港区)で開催しました。

 日本の冷熱技術が一同に集結する本展示会は、国内最大の冷熱業界の展示会として半世紀前より開催されてきており、今回、40回目の大きな節目を迎えます。

 開催概要発表会には、マスコミ・メディア40社、出展を検討している企業約100社が集まり、その注目度が伺えました。
 武本 豪雄政策審議会長の開会の挨拶に続き(写真1)、岡田 哲治専務理事より「冷凍空調業界を取り巻く環境と工業会の活動について」と題した講演を行った後(写真2)、開催概要が発表されました。(写真3)

 発表された開催概要を紹介いたします。

展示会名称 HVAC&R JAPAN 2018 第40回 冷凍・空調・暖房展
開催テーマ 日本最大の冷熱ビジネスチャンス!
主催 一般社団法人 日本冷凍空調工業会
後援 経済産業省(予定)
会期 2018年2月27日(火)〜3月2日(金)
10:00〜17:00(最終日は16:00終了)
会場 幕張メッセ 国際展示場4〜6ホール
展示会規模 200社/800小間(予定)
入場料 1,000円(事前登録で無料)
併催行事 HVAC&R JAPANセミナー(基調講演、一般講演)、
出展者プレゼンテーション、情報発信コーナー、
施設見学会(予定)ほか)
 
写真1:挨拶をする武本政策審議会長
 
写真2:講演をする岡田専務理事
 
写真3:開催概要を発表する木村総務部長
 
新な試み

【開催規模の拡大】
前回(2016年)は188社/734小間のご出展を頂き、満小間でした。
今回は幕張メッセでの開催となり、会場面積を増大させました。
総規模200社/800小間、来場者は15%増の30,000人超を見込んでいます。
 
【ICカードによる来場者訪問記録システムの導入】
本システムの導入により、来場者は各ブースにICカードを提示するだけで、資料請求や来場の記録が行え、出展者は来場者データの即時認識が可能になり、迅速な営業活動につなげることが可能です。
 
【HVAC&R アワード(仮称)の新設】
前回(2016年)に初めて実施したブースコンテストを発展させ、名称も新に「HVAC&R アワード(仮称)」として実施いたします。
選考にあたっては、従来の来場者投票に加え、有識者、業界紙誌(メディア)等の評価も取り入れて、注目すべき技術や製品、業界発展に寄与する活動を行っている出展者を表彰する予定です。
 
【特別講演・併催行事】
基調講演・一般講演に合わせて、今回は、著名人による特別講演を予定しています。
冷熱業界に関する国内外様々な動向に関わる各種講演や施設見学会等の併催行事を実施予定です。
 
会期までのスケジュール
 
2017年6月30日(金) 早割申込み締切(一般企業様限定)
     8月31日(木) 出展申込み締切
   10月中旬 出展者説明会(フロアプラン公開)
2018年1月下旬 各種提出書類締切
    2月24日(土)〜  26日(月) 設営(3日間)
    2月27日(火)〜 3月2日(金) 会期(4日間)
    3月  2日(金) 展示会終了後即日撤去

※詳細は工業会ホームページ及びHVAC&R 公式サイトをご覧ください。
 
写真4:発表会にはフロン法のうたの中村瞳子さんも登場しました!