【日冷工の主な国際活動】

1) ICARHMA
ICARHMA(The International Council of Air Conditioning, Refrigeration and Heating Manufacturers Associations)は、豪(AREMA)、ブラジル(ABRAVA)、カナダ(HRAI)、中国(CRAA)、コロンビア(ACAIRE)、欧州(EPEE, Eurovent)、インド(RAMA)、日本(JRAIA)、韓国(KRAIA)、米国(AHRI)の冷凍空調暖房工業会11団体で構成された国際評議会です。
日冷工は米・加・欧と共に、1991年のICARHMA設立当初より参画し、積極的な活動を行っております。

現在は、年2回、業界関連の情報交換を実施に加え、A5国などにおける冷媒の取り扱いに関する認可プログラム(RDL- Refrigerant Driving License)や空調設備サービス業界における人材レベル向上・冷媒の安全管理改善プログラム(GRMI-Global Refrigerant Management Initiative)などについて協議を行っております。

ICARHMAに関する詳細はこちら:http://www.icarhma.org/Home.aspx

2) 日中韓会合
日中韓会合(The Three Association Meeting)は、日本(JRAIA)・中国(CRAA)・韓国(KRAIA))の冷凍空調暖房工業会3団体で結成された会議です。ICARHMA活動を補完する位置付けで、2007年より年1回、共通の課題に関し情報交換を実施しています。

3) アセアン諸国向けの省エネ最適評価方法の普及活動
経済産業省と基準認証イノベーション技術研究組合等による、省エネルギー等国際標準共同研究開発・普及基盤構築事業:家庭用エアコン及び冷蔵庫の新国際規格に基づく「省エネ最適評価方法(簡易測定方法)」に関する国際標準化・普及基盤構築事業(平成28年度)は2011年に始まった関連事業の最終年度の活動で、2017年3月に完了しました。一連の事業を通じて、使用実態に則したエアコンのエネルギー消費効率評価方法である期間エネルギー消費効率を規定した新国際規格ISO16358について、より簡便に試験・効率評価ができる手法等をアセアン諸国に提案し、各国の省エネ政策機関や標準化機関の開催によるセミナー等に参加すると共に、各国規格や省エネ施策の評価方法への採用に対する協力をしました。
その結果、タイ、マレーシア、フィリピン、ベトナムの4ヵ国で、ISO16358がMEPS(Minimum Energy Performance Standard)最低エネルギー消費効率基準や省エネルギーラベルの評価規格として2020年までに採用される日程が確認できました。インドネシア、シンガポールを含む他のアセアン諸国においても認知度が向上しており、採用が検討されることが期待されています。
4) その他海外イベント
国連環境プログラム公開作業部会( UNEP OEWG)において日冷工主催のサイドイベントを実施し、キガリ改正に向けた日冷工の取り組み等、積極的に情報発信しております。また、各種国際会議や展示会にも積極的に参加し、情報収集を図っています。

海外のイベントにおける日冷工の発表資料(英語版のみ)はこちら:http://www.jraia.or.jp/english/relations/index.html