環境と新冷媒 国際シンポジウム2016【ポスターセッション】

No.650 2017年3月

微燃性冷媒(A2L)リスクアセスメント ポスターセッション
 当工業会では約5年の期間、微燃性冷媒(A2L)リスクアセスメントを製品別で実施した。今回、その検討結果をポスターにまとめ展示を行った(写真1、2)。
 ポスター展示は、「微燃性冷媒のリスクアセスメントに関する共通方針」(図1)から始まり、家庭用エアコン、店舗用エアコン、ビル用マルチエアコン、ガスヒートポンプエアコン、チラー、設備用エアコン、低温機器の各機種での検討結果であった。


写真1:A2Lポスターセッション会場


写真2:A2Lポスターセッション風景


図1:微燃性冷媒のリスクアセスメントに関する共通方針
※拡大し、ご覧になりたい場合はこちらからJPGをダウンロードください。


冷媒漏えい検知警報器(JRA4068) ポスターセッション
 テクニカルセッション4-3で講演が行われた冷媒漏えい検知警報器の日冷工規格JRA4068を作成した際、協力いただいた検知警報器メーカーのポスター及び機器が展示された(写真3、4)。
ポスター展示を行った企業は次の5社。
アサダ、不二工機、フィガロ技研、新コスモス電機及びイチネンジコー。


写真3:冷媒漏えい検知警報器ポスターセッション風景


写真4:冷媒漏えい検知警報器ポスターセッション風景

ポスターセッション
 開催期間中、同会議場ポスターセッションルームにおいて、その他21件のポスターを展示した(写真5)。

  • 空調機器分野における低GWP冷媒適用技術開発プロジェクト:新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
  • [フロン排出抑制法」と冷媒管理システム(RaMS) :日本冷媒・環境保全機構(JRECO)
  • 冷媒漏えい防止技術向上の教育:日本冷凍空調設備工業連合会(JARAC)
  • 最新の微少漏えい検知とその防止対策:アサダ
  • R1234yf対応のエアコンサービスツールの提案:デンゲン
  • 微燃性冷媒対応ツールについて:イチネンTASCO
  • 新機構シングルマニホールドゲージ・フロン漏洩低減型継ぎ手:プロステップ
  • 異種冷媒回収用両軸コンプレッサーを搭載した新規開発製品:プロステップ/エムケー精工
  • 海上コンテナ冷凍機へのR404A代替冷媒の適用:デンソー
  • CO2ヒートポンプ式デシカント除湿機 「chris」:前川製作所
  • 超低温駆動ダブルリフト吸収式冷凍機の開発:日立ジョンソンコントロールズ空調
  • 環境負荷低減を目指した輸送用冷凍機の動力源多様化:三菱重工業
  • ルームエアコンの快適性と省エネルギを両立する気流制御技術:日立ジョンソンコントロールズ空調
  • ヒートポンプ向けマイクロチャネル熱交換器の開発:ダイキン工業
  • 「イノベーティブ スマート チャンネル®」熱交換器:富士通ゼネラル研究所
  • 共沸混合冷媒R32/R1270の水平細径管内の凝縮熱伝達および圧力損失:東京海洋大学
  • 楕円蒸発管内における冷媒の伝熱特性およびオイルの影響:福岡大学
  • R32冷媒用相溶性向上油の信頼性確認:ダイキン工業
  • オリフィスを通過するCO2冷媒の臨界流量特性に及ぼす冷凍機油の影響:神戸大学/富士電機
  • 冷媒R1336mzz (Z) の粘度および熱伝導率測定:佐賀大学
  • 最新のフロンガス漏洩対策からフロンガスの回収、再生、破壊:FUSO



写真5:ポスターセッション

「ポスターセッション」以外のイベントは以下からご覧いただけます。
基調講演」、「テクニカルセッション1日目」、「テクニカルセッション2日目