関連製品


JIS改正によるエアコンのカタログ表示について
長年ご使用のエアコンの安全について
一般財団法人 家電製品協会 省エネ家電de温暖化防止
はじめよう、省エネ×創エネ×蓄エネ!スマートライフジャパン推進フォーラム

家庭用エアコン

エアコンを安全にお使いいただくために

夏冬、よく使うエアコン。安全に長くお使いいただくために、取扱説明書は使う前によく読み、保管しておきましょう。ここでは特に重要な点をあげておきます。
長時間冷風を身体に直接当てたり、冷やし過ぎは避けましょう。
体調悪化・健康障害の原因になります。

吹出口や吸込口に指や棒などを入れないでください。
内部でファンが高速回転しています。ケガの原因になります。

電源プラグは、ほこりが付着してないか確認し、がたつきのないように刃の根元まで確実に差し込んでください。
ほこりが付着したり、接続が不完全な場合は感電や火災の原因になります。

電源プラグを抜いて停止をしないでください。
感電や火災の原因になります。

電源コードは、途中で接続したり延長コードの使用や他の電気器具とのタコ足配線をしないでください。
感電や発熱・火災の原因になります。

電源コードは、束ねたり、引っ張ったり、重いものを載せたり、加熱したり、加工したりしないでください。
感電や発熱・火災の原因になります。


下記のような症状のときは、使用を中止の上、お買い上げの販売店またはメーカーにご相談ください。

エアコンが冷えない、暖まらない場合は冷媒の漏れが原因のひとつとして考えられます。
冷媒の追加を伴う修理の場合は、修理内容をサービスマンに確認してください。
エアコンに使用されている冷媒は安全です。冷媒は通常漏れることはありませんが、万一、冷媒が室内に漏れ、ファンヒーター、ストーブ、コンロなどの火気に触れると有害な生成物が発生する原因になります。

  • 焦げ臭いにおいがする
  • 電源プラグが異常に熱い
  • 電源プラグが変色している
  • ブレーカーが頻繁に落ちる
  • 架台や吊り下げなどの取り付け部品が腐食している
  • 室内機から水漏れがする
  • 運転音が高くなる